3月16-17日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)では経済予測が上方修正された一方、政策金利については2023年末まで据え置きとする方針が示された。世界株式市場では、FOMC前後でグロース株指数とバリュー株指数のパフォーマンスが日替わりで大きく変動しており、不安定な相場展開が続いている。はたしてグロース株とバリュー株、どちらに投資すべきか?