7月27日のFOMC(米連邦公開市場委員会)前には137円台で推移していた米ドル/円ですが、8月2日には一時130円割れ寸前となりました。わずか1週間足らずでおよそ7円も円高が進むなど、急速な円高が起きた米ドル/円相場について、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が今後の動きを解説します。