せっかく立地のいい不動産を相続しても、そのまま放置してしまっては「宝の持ち腐れ」です。固定資産税を納めるだけのマイナス物件にならないよう、できるだけ早い段階での対策が望まれます。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。