『ハゲからの生還』の著者・杉山哲矢氏は、自らも薄毛に悩んでいました。「親愛なるハゲ仲間」(本文より)へ、送る言葉とは――。