新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国境を超える海外市場は不調だったものの、国内案件が底堅く推移したことで、2020年7月のM&A件数は「過去10年で最多」となった。今回は、株式会社ストライク執行役員広報部長の日高広太郎氏が、7月M&A好調の理由や、今後の見通しなどを解説する。