コロナ禍、「孤独死」が急増しています。関係のないことだと思っていても、遠縁の親族などの死で、突然「相続」が発生することもあり得るので、もしもに備えて知識を身に付けておく必要があります。今回は、税理士法人田尻会計の古沢暢子氏が、交流のない親族の死後、なにを確認すべきなのか、またどのような手続きを行うべきか解説します。