40歳以上の人材が内定を獲得するには、どうすればよいのでしょうか? 自己分析や提出書類の作り方も重要ですが、やはり決め手はその先に待ち受ける「面接」です。楠山精彦氏・和田まり子氏の著書『40歳からのキャリアチェンジ[第2版]』(経団連出版)より、内定獲得につなげる「面接対応法」について見ていきましょう。面接官がどこを見ているのかを押さえ、転職成功のためのアプローチを分析します。