アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)は、物価高騰抑制を目指し利上げを発表。それにより米国の住宅購入需要は落ち込みましたが、住宅価格は高止まりとなっています。みていきましょう。