アップル株、アマゾン株、テスラ株などのすさまじい成長ぶりを目の当たりにして、「もしあのとき買っていたら…」としょんぼりしてしまう投資家は多いと思いますが、本当のところ、大化けする株を買うこと自体は、さほど難しくありません。実は、買ったその先が問題なのです。大化け株で大儲けするスキームを、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。