企業の新しい資金調達手段として注目を集めている「ソーシャルレンディング」。また投資家にとっては銀行の定期預金や国債などに代わる新たな資産運用手段として関心が高まっている。ジャルコは貸金業と不動産業で長年培った実績やノウハウを生かして信用力の高い企業を厳選して融資対象とすることで安全性を確保している。「ソーシャルレンディングは社会インフラとしての新しい社会基盤であるべき」とジャルコ社長の田辺順一氏は力説する。第2回は、社長の田辺順一氏がジャルコの「J.LENDING」は他社と何が違うのか、その特長を語る。