これまで複数回にわたり、金融危機のシナリオについて解説してきました。深刻化する今次局面の不況を乗り切るため、銀行は企業への貸し渋りを控えなければなりませんが、銀行が資金不足になっては元も子もありません。そこで日銀による融資が求められるわけですが、実はそこに「銀行経営者の気持ちひとつ」で引き起こされかねない、ある問題もはらんでいます。経済コラムで多くのファンを持つ経済評論家の塚崎公義氏が、明快に読み解いていきます。