妻が認知症になり、ケアマネジャーのKさんと協力しながら認知症介護をする日常を、棚橋正夫氏は書籍『認知症介護自宅ケア奮闘記 私の知恵と工夫』で記しています。