地方開業医の後継者不足が問題となっている。最終的に、病院解散・廃院になると、1000万円以上のコストがかかるケースもあるようだ。また、地域によっては、「病院にかかりたいけど諦める」という医療難民の増加も懸念される。本記事では、井元章二著『相続破産を防ぐ医師一家の生前対策』から一部を抜粋し、地方開業医の後継者問題について取り上げる。