「色覚異常」というと、色がまったく認識できないというイメージがあるかもしれません。しかし実際に色の判別が困難な人はごく少数で、大半が色を判別しづらいという軽度な症状です。先天的な場合、本人にとっては「生まれながらの色覚」が当たり前であるため、自覚に至ることは極めて困難です。しかし無自覚こそが一番危険であることをご存じでしょうか。本人も周囲も気づかない「色覚異常」の実態を解説。