認知症は、患者本人とどう接するかによって症状が悪化したり、やわらいだりすることがあります。認知症研究の第一人者・浦上克哉氏が監修した『すぐに忘れてしまう自分が怖くなったら読む本』(徳間書店)より、「認知症の人にやってはいけないこと」を見ていきましょう。