精神保健福祉士である野坂きみ子の書籍『“発達障害かもしれない人”とともに働くこと』より一部を抜粋・編集し、発達障害の子どもを持つ親たちがさらされてきた、「育て方が悪かったからではないか」という誤謬の背景について見ていきます。