「網膜剥離」は、放置すると失明する病気です。しかし、手術方法が確立されており、適切な手術時期を逃さなければ最悪の事態を防ぐことができます。それにも関わらず、いまだに失明してしまう人がすくなくありません。なぜなのでしょうか。※本記事は、アイケアクリニック院長、眼科医の佐藤香氏の著書『目は若返る』より一部を抜粋・再編集したものです。