働き盛りの長男の死にショックを受けた老父は、あとを追うように急逝。それにより相続が発生しましたが、「長男の子らに」とのメモ書きがあった収益不動産は配偶者である義母が相続。長男の子らには「私が死んだらあげる」という言葉とともに「死因贈与契約」を締結しましたが、果たしてそれで問題ないのでしょうか。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。