ある高齢男性は、父の死から15年経過するも、妹との対立により、相続問題が解決できないままとなっていました。しかし、あるきっかけで妹からの働き掛けがあり、遺産分割が無事成立。妹は音信不通にしていた理由を打ち明けますが…。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。