独身だった叔母が亡くなり、残された資産は不動産と預貯金の合計8000万円。亡くなった叔母の妹にあたる2人の叔母たちは「商売を継ぐから」と、代襲相続人の3人の姪っ子に相続放棄を迫ります。2人は放棄に応じたものの、残りの1人は、放棄したくてもできない「個人的な事情」がありました。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。