今、日本政府や多くの企業が「産官学の連携強化」や「イノベーティブな組織づくり」を謳い、意図的にイノベーションを起こそうとしています。しかし、イノベーションは起こそうとして起こるものではありません。本稿では「生物の進化」を例に、イノベーションとは何か、イノベーションを起こすには何が必要なのかを考察します。