多くの場合、子どもは自分自身では目の異常に気づくことができません。そのため、親は子どもの目の健康を守るために、普段からよく子どもを観察する必要があります。今回は、多数の手術実績をもつ眼科医が、子どもが自分で気づける「近視」「遠視」「乱視」の原因と症状、治療方法などを解説します。