本連載は、2015年7月30日刊行の書籍『親子で進める二世帯住宅節税』から抜粋したものです。その後に税制等が改正されていますが、資産形成の手段のひとつとして、所有財産(現預金)5500万円で二世帯住宅を建設した事例を紹介します。