相続はある日突然降りかかります。都内に多くの不動産を保有する資産家の父親が亡くなった結果、後妻、父親と養子縁組をしている長男の妻、すでに亡くなっている次男の代襲相続人の法定代理人…などなど、他人が多く入り混じり、大混乱に陥ったケースを紹介します。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。