長年にわたる超大手企業との取引に安住し、営業部すら存在しなかったあるストローメーカー。契約が切れることになり、自立のための新商品開発に乗り出しますが、撃沈に次ぐ撃沈で、思い通りの成果が得られません。自立のために焦って自社で企画を考えることが、負のスパイラルを招いてしまったのです。