研究者によると、人間の脳はしばしば「錯覚」を起こすとされています。なかでも私たちの生活に影響するのが「数字に関連する錯覚」です。脳は、最初に認識した数字に影響されやすいため、認識を大きく誤ることがあるのです。脳の性質を知らずに「錯覚」に引きずられてしまうと、金額の認識を誤るなどの、手痛い失敗をしてしまうため、十分な注意が必要です。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。