会社で従業員を雇うと、毎月給与の支払い作業が発生し、時間外手当や各種控除の計算を行ったうえで銀行から振り込む形になります。給与計算システム等を導入している企業もありますが、マンパワーに頼っている企業も少なくなく、人為的ミスにより集計や入力の誤りが生じ、金額を誤って支払ってしまうようなケースも多くあります。そこで実際にココナラ法律相談のオンライン無料法律相談サービス「法律Q&A」によせられた質問をもとに、過払い賃金の返還方法について南宜孝弁護士に解説していただきました。