遺言書の中で、法的な面ではなく、家族に伝えておきたいことなどを注記するものを「付言事項」といいます。終活という言葉が広く認知されるようになり、相続対策のために遺言書を残す人は増えたものの、この付言事項を疎かにしてしまっては、残された家族に「自分の本当の気持ち」が永遠に伝わらなくなってしまいます。そこで本記事では、大坪正典税理士事務所の所長・大坪正典氏が、実際の事例をもとに、付言事項を残す大切さを解説します。