勉強やスポーツの練習に取り組む際、「2時間数学の問題を解く」「サーブを1時間練習する」という方法を選択する人は少なくありません。しかし、効果をより高めるためには、「インターリーブ(同時並行)」学習法を取るべきなのです。それは一体なぜなのでしょうか。