近年、平均寿命の伸びに伴い、世間の健康意識が高まっています。だれしも、受けるなら「よりよい医療」を求めるもの。その指標となりやすいのは、「設備が整った施設」や「腕のいい医師」でしょう。定期的に受診するとなれば、特に後者が重要です。信頼できる、腕のいい医師の条件は何でしょうか? 思い浮かぶものは人それぞれですが、「若手」より「老練」を選ぶ人が圧倒的に多い実情があります。しかし、それは本当に正しい選択なのでしょうか。※本記事は、アイケアクリニック院長、眼科医の佐藤香氏の著書『目は若返る』より一部を抜粋・再編集したものです。