無償あるいは著しく低い価額で資産を譲渡したにもかかわらず、時価で譲渡したとみなして課税する、税制上の規定である「みなし譲渡」。今回、みなし譲渡として税金がかかるケースについて税理士が解説します。